信頼、信頼、信頼…コンテンツSEOはとにかく信頼構築。|SEOと広告とインターネッツ      

2014年7月7日月曜日

信頼、信頼、信頼…コンテンツSEOはとにかく信頼構築。

今日は眠たいので結論ファーストでいってみます。

コンテンツSEOは信頼が重要です。

信頼と一口に言ってもいろんなタイプがあります。

品質の良さが信頼につながる場合もありますし。

何年間も毎日更新し続ける事で得られる信頼というのもあります。

主に訪問者との信頼を築けるのは、

質より更新頻度ですね。



もちろん質も更新頻度もどちらもコンテンツSEOには大事です。

大事ですが、質にこだわりまくって更新頻度が3か月に1回とかいうサイトには、

まあ人はやってきません。

そしてSEOでも評価されません。

あと、更新頻度が多いサイトと比較して、

リピーターが圧倒的に少ないのです。

毎日更新をしているサイトは、訪問者もそれを見越して、

毎日訪問しにきたりします。

これ、やってみるとわかりますが、

内容がうっすい日記ばかり書いていても、

下手すると一日に何度ものぞきに来る人が出てくるほどなのです。



ですので基本的にコーポレートサイトであっても、

毎日何かしらを更新して頂きたいです。

まあコーポレートサイトの場合は、ほぼほぼコラムとか日記になるかと思います。

例えば店舗を複数持つような業種なら、

どこかの店舗にブログ記事を書いて送って貰い、更新すればそれでOKです。



それが厳しいなら社長や広報などが毎日記事をアップすればOKです。

内容を考えるのが難しいとか、

ニッチなBtoB事業をやっている会社さんなんかは、日記でもいいです。

内容も薄くて良いです。

たまに専門的な記事を破産で上げればいいと思います。



この「毎日更新」が、顧客やその見込み客にとって、

大きな信頼となるのです。

繰り返しますが、この信頼は、質より大事です。

なぜかと言うと、信頼はそう簡単に作れないからです。

質はお金を出したり、努力したりで向上できますから。

でも信頼は簡単につくれません。

長い事かけて訪問者の心に刻んでいく(=brand)ことで培われるからです。



もちろん更新頻度を高める以外にも、

信頼の獲得方法はたくさんありますよ。

例えばリッツカールトンみたいにフロントが半年前の顧客を覚えているとか、

そういった信頼の獲得方法もあります。

ですが、更新頻度を高める方法が一番確実に信頼を得られます。

リッツカールトンのおもてなしは、

マネしようとしてもそう簡単にいかないですからね…


というわけで、まずは1年間、サイト内のコンテンツを更新し続けてみる事をお勧めします。



スポンサードリンク