意図的に「当てる」コンテンツSEOの方法|SEOと広告とインターネッツ      

2014年7月6日日曜日

意図的に「当てる」コンテンツSEOの方法

実は、「当たる」コンテンツSEOのやり方が存在します。

コンテンツSEOを行う上での情報収集の方法です。


それは、顧客の言葉遣いをできるだけ詳しく知るということ。

あなたのサイトのターゲットはどんな人でしょうか?

10代、20代、30代、、、

どんな趣味を持ち、

年収はいくらで、

職業は何なのか?

商売をやっている人なら必ずこの点は抑えていると思います。

ターゲットとしている顧客の層が、

よく使うことば=キーワードを知り、

あなたのサイトのコンテンツに散りばめるのです。



顧客の言葉遣いを簡単に知る方法


それは、かれらの好きなコンテンツを知る事です。

顧客がよく見るテレビ番組は?

よく聴く音楽のジャンルは?アーティストは?

雑誌は?

ラジオは?

あなたのサイトにもコンテンツを置くのですから、

あなたの顧客に向けた言葉が見つかりやすいのです。


ただし、それらのコンテンツはなるべくウェブ以外が望ましいです。

なぜなら、ウェブよりもっと言葉を拾いやすいから。

結構ね、ウェブに慣れてる人に多いのですが、

テレビとかラジオとか雑誌をチェックしない人って多いのですよ。

でもそれらのコンテンツって、ウェブにはないキーワードがたくさんあるのですよ。

むしろ、リアルなコミュニケーションに近い言葉遣いを見られるのは、

テレビやラジオや雑誌なのです。

20代向けの保湿クリームを売っているなら、

20代向け保湿クリームのTVCMや、

そういった商材が広告を出している雑誌などをチェックし、

キーワードを拾うのです。

そこに、彼ら彼女らのよく使う言葉遣いがちりばめられています。


顧客がどんなコンテンツを見るのか分からなければ、アンケートを取ってください

あるいは、顧客と仲良くなってLINEやFacebookなどでコミュニケーションをとってみてください。

直接言葉を交わすことで見えてきます。


あと、ウェブではないコンテンツが良いといいましたが、

唯一ウェブでターゲット層のリアルな言葉遣いを知る方法があります。

掲示板です。

今の時代、掲示板と言っても2ちゃんねるだけでなく、

例えば女性向けならガールズトークやガールズBBSなどもあります。

またはYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトも近しいですね。

こういった所で拾ったキーワードは、惜しみなくあなたのコンテンツに反映させてください。

どこも情報収集なんてウェブだけでしかやらないので、

こうした情報収集の方法一つで結果が大きく変わります。

ぜひチェックしてみてください。








スポンサードリンク