SEO進出国、東南アジアに集中してます。|SEOと広告とインターネッツ      

2014年7月3日木曜日

SEO進出国、東南アジアに集中してます。

今回の記事は日本人にはさびしい話かもしれません。

SEO業界でも、国際化が着実に進んでいるなぁと感じます。

私はSEOの会社で働いておりますが、
外資系のお客様や、海外進出するお客様のSEOのお手伝いをする事が多くなりました。

アメリカやイギリスの会社が日本に進出して来たり、
日本から海外へ進出するケースが多いんですよ。

日本から進出する先は、圧倒的に東南アジアが多いですね。

シンガポール、インドネシア、フィリピン、タイ、ミャンマー、マレーシアなどなど。

東南アジアの次に多いのが、中東です。

中東はUAEや、あと中東なのかアジアなのかわかりませんがトルコが多いです。

時代の風が確実にアジアに向かっている事を感じつつ、
その次に中東が来ていることも何となく感じております。

参考:世界のGDPランキング
Wikipedia英語版
※なんとなく世界銀行の数値を取り上げてみます

シンガポール…36位
インドネシア…16位
フィリピン…39位
タイ…29位
マレーシア…35位
UAE…30位
トルコ…17位

こうしてみると、GDP30位台の国が多いです。
こういうなにがしかの傾向が見えると面白いですね。

そうすると、イスラエル(37位)なんかも案件が増えてきたりするのかな…
何気にスパイ大国、IT大国ですしね。
情報産業には興味がある国のような印象があります。
(あくまで全然詳しくない人間の感想ですが)

そしてなぜ南米の案件が一つもないのか、そこも気になります。


スポンサードリンク