コンテンツ事例…思わず笑ってしまった『文学フォルダ』|SEOと広告とインターネッツ      

2014年7月28日月曜日

コンテンツ事例…思わず笑ってしまった『文学フォルダ』

非常に面白いサイトが話題になっていたので共有します。

文学フォルダ

という名前のサイトです。



サイト内にある通り、仕事をさぼりながら文学を読むためのサイトです。

「学問のすすめ」や「人間失格」など、
有名な文学作品を一行ずつフォルダ名に記入したものをダウンロードできます。

これを読んでいるとあら不思議、
さも仕事を真剣にしているように周りから見えてしまいます。笑

私は最初これがはてなブックマークで話題になっているのを知り、
サイトを見てみて、何て下らないんだと笑ってしまいました。笑

サイトの下部には作品一覧があります。


ためしに「学問のすすめ」をクリックしてみると、
ダウンロードが開始されます。


ダウンロードされたZIPファイルを解凍すると、こんな感じ。
確かにフォルダ名に文学が記載されています。


「学問のすすめ」は5000行近くありました。



さて、このような形で、
ふざけているようで実は本当に仕事をさぼりながら文学を読めるこのサイト。

2014年7月13日頃に公開されていますが、
ahrefsで調べたところ、まるまる2週間たった7月27日時点で被リンク数は959本。

アンカーテキストは「文学フォルダ」が9割ほど。
ついでURLが1割ほどです。

「文学フォルダ」でもちろん1位です。
「文学」は圏外ですが、「フォルダ」というキーワードでは40位にランクインしています。笑

その他、サイトにて展開されている、
「学問のすすめ」など各文学作品名ではいずれも圏外。

真面目に展開していけば、
「文学」でそのうち上位を取る事ができそうですね。

サイトの趣旨は違うと思いますが、
リクエストフォームを置いたり作品を追加していけばもっと伸びるかと思います。

以上、アイデア単発勝負のサイトではありますが、
面白い事をやって注目を集めたコンテンツ事例でした。



スポンサードリンク