SEOでオーサーシップはバックリンクを越えられない|SEOと広告とインターネッツ      

2014年5月14日水曜日

SEOでオーサーシップはバックリンクを越えられない

予言とかではないんですが、
オーサーシップはバックリンクより重要になることはないと私は見ています。

要するに、Googleはバックリンク重視の評価から、
著者情報を明示したサイトの評価の重視に切り替えていきますよ、というものです。

なのでバックリンクに頼るSEOが主流の日本では、
ことさら「SEO屋は終わった」論もありますし、
一方で「意外に状況は変わらない」論もあるという感じです。


参考:

SEOの評価にオーサーランクを導入? Googleの真意を考えてみる。

「Googleオーサーシップ」とは?ブロガーがこぞって騒ぎだしているぞ!

被リンクは死ぬのか?マット・カッツの話を和訳してみた

Google+の重要性に気づく衝撃的な4つの事実

サイトを持っている人が知っておきたい2つのこと!GoogleがSEOの方針を転換


私はオーサーシップの評価は上がると思っていますが、
結局はバックリンクが最重要である事は変わらないと考えています。

根拠を挙げていくとめちゃ長くなるので一つだけ。

それは単純にオーサーシップ(著者情報)を開示しながらユーザーに有益な情報を提供できる人はすくないからです。

例えば「保険」というキーワードで検索すると、
検索結果の上位30位まで見てみても、
オーサーシップを開示しているサイトはありません。

つまりこの「保険」というキーワード、
上位にいるサイトはバックリンクの評価の比重が非常に高い可能性があります。


さらに言うと、そもそもバックリンクの評価の比重をGoogleが下げたいのは、
バックリンクを偽造する輩がいて、それが検索結果を汚しているという考えがあるからなのですが、
オーサーシップも余裕で偽造可能ですから

かつてソーシャルシグナルが次のバックリンクだと騒がれた時と、今の状況は似ています。
ソーシャルシグナルも結局バックリンクの代わりにはなりませんでした。
なぜなら、ソーシャルシグナルもやはり偽造が可能だからです。

というわけで私はバックリンク評価の比重は変わらない、に1票です。

以上です。


スポンサードリンク