SEOで起業したい人のための見積もり事例|SEOと広告とインターネッツ      

2014年5月10日土曜日

SEOで起業したい人のための見積もり事例

SEOで起業したい方のために、
SEO業界にいる私がざっくりと金額感を書いてみます。

SEOと一口に言ってもメニューが分かれています。
SEOサービスのメニューの種類は、次の4つです。

1.外部リンク販売
2.内部改善コンサルティング
3.ペナルティ解除アドバイス(代行)
4.コンテンツ制作代行サービス



1.外部リンク販売 数百円~数百万円


個人でやる場合、これが一番稼げます。
なぜか?日本のSEO業界では市場が最もあり、価格帯も広く設定できるからです。

外部リンクの料金はピンキリで、
ワンコイン~数百万円まであります。

個人事業の場合は月額で3万円~10万円程度が多いかな?という印象。
また中小企業の場合は月額10万円~50万円。
上場企業くらいになると月額30万円~300万円ぐらいですね。
月額300万円を超えるケースはあまり聞かないかな。。500万円とかも1度だけ聞いた事はあります。

価格帯が広いという事は、つまり自由に金額設定ができる、という事です。
また価格帯が広いという事は市場がそれなりにあるという事を示しています。



2.内部改善コンサルティング 1万円~50万円

これはサイトのソースコードやリンク構造を見て、改善ポイントをSEOのルールに従いまとめて提出するものです。
外部リンクに比べると需要は少ないですが、大手企業サイトなどは需要がありますね。

基本的には仕様書1枚の納品になるので、まぁ楽と言えば楽ですが、単発です
毎月仕様書出し続けるのはすぐネタ切れになるので厳しいですね。

仕様書1つにつき1万円~5万円程度が妥当だと思いますが、
これについてはケースが少なすぎて相場が正直わかりません…
ちなみに私のいる会社では10~50万円で納品します。



3.ペナルティ解除アドバイス(代行) 10万円~30万円

これはパンダアップデート、ペンギンアップデート、手動ペナルティなどに対し、
解除方法がわからない、一刻も早く順位を戻したいお客様に対し、
その方法を見極め代行してあげるサービスです。

基本的にはペナルティ解除が成功した時点で成果報酬が発生する契約になる事が多いようです。
金額はそこそこ高く、解除成功時に単発で10万~30万円ぐらいですかね。



4.コンテンツ制作代行サービス 10万円~300万円

これはコンテンツを増やし、訪問者の流通経路を増やしたり、
訪問者をファンにしてリピートして貰う・エンゲージメントを高める(ふわっとした言い方ですが・・)といった効果を狙うものです。

これはGoogleが人工の外部リンクに対するペナルティを厳しくしているため、主に欧米で注目されている方法です。
日本でも最近はこのコンテンツ施策への注目も高まっています。

ただ、日本では手さぐりな状況であるため、
サービスとして確立されていない感があります。
なので金額も会社によってまちまちです。

多い所だと、代替10万円~300万円です。

コンテンツ施策って会社によって定義もすごく異なります。
テキストだけの納品を指す場合もあれば、HTML、CSS、JSや動画、アンケート、専門プロのライティングも含めたものを納めますという会社もあります。

このコンテンツ領域はまだリーダー的な存在もないし、
これから形が少しずつつくられていくものだと思います。
ただ日本だとまだ「コンテンツは自分たちで安くつくるもの。他社に発注してリッチなものをつくるのはNG」みたいな会社が圧倒的です。
いますぐこの領域で食べていく事は難しいかもしれませんね。


以上です。


スポンサードリンク