SEOに効くコンテンツマーケティング|SEOと広告とインターネッツ      

2014年2月17日月曜日

SEOに効くコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングがSEOにどう効くの?という事いついて。



そもそも、コンテンツマーケって何?

SEOを行う上で、もはや外部リンクの大量設置や、
内部構造をしっかりつくるだけではなくなってきた…というのがここ最近のSEOです。

外部、内部だけでなく、「コンテンツをつくって拡散させる」ことで検索エンジンにサイトの評価を上げさせる事が必要になってきています。
これは多くのサイト管理者の方が感じていることだと思います。
なお、この記事ではコンテンツとはほぼ記事作成の意味で言っています。



コンテンツマーケティングはルールが無いから難しい

コンテンツをいざ作ろうと思っても、これと言って明文化されたルールが無いから難しいんですよね。

Googleが推奨するコンテンツとは、

・ユーザーのためになる
・面白い、楽しい、笑える
・何度も参照したくなる

という非常にぼんやりしたものになります。


SEOはルールがある程度明文化されている事が多いのでわかりやすいと言えばわかりやすい。
タイトルタグにはキーワードを入れましょう、
サイトはきれいなツリー構造にしましょう、など、
レギュレーションを汲みやすいのです。

一方、ルールがある程度わかっているSEOと比較すると、
コンテンツマーケティングは実施しづらいのではないかとも思う。

じゃあ結局どうすればいいのという事になりますが…



まずはとにかくコンテンツを増やしてみましょう


どんなコンテンツをつくるべきか、イメージがつかなければ、
まずは量産に踏み切ってみましょう。

非常に極端な話をしてしまうと、
どんなコンテンツをつくったら良いのかわからなければ、
「訪問者、お客さまの役に立ちそうな事ならなんでも記事にする」ぐらいで良いと思います。

どうせやるなら、ライターさんを雇って、月に記事を100記事アップロードする、
ぐらいのレベルが好ましいです。
サイトと関連性の高いテーマであれば、
これだけでサイトの順位は上がってくる可能性が高いです。

検索結果の判断基準は200以上ありますので、もちろん一概には言えませんが、
あくまで何をすればよいかわからない場合はこのやり方を参考にして頂くのも手かと思います。

その後の方針として、例えばはてブやソーシャルでシェアされたもの、
特定のワードでの流入が多いページや、飛びぬけて直帰率の低いページなどを中心に、
関連した別のページを増やしていくというやり方が難易度も高くなく、おすすめです。


ビッグワードではコンテンツ評価の動きが高まっている

コンテンツが重要視されているであろう検索キーワードの一例と言えば、「ダイエット」があります。

「ダイエット」検索結果(Google)

「ダイエット」は現在の月間検索ボリューム(Google)は55万件。
Yahoo!と合わせると想定で100万件以上は軽くオーバーするビッグキーワードです。

このキーワードはかつてスパマーを大量排出した超がつく激戦区でした。

数年前、その検索結果1ページ目はスパムによって上位表示されたサイトや、
ダイエット食品関連の会社でひしめいていました。

対して今は、ダイエットのポータルサイトが軒並み上位表示されています。
これらのサイトに共通するのは、検索ボリュームの多いサイトであるという点です。

「ダイエット」検索結果


1位の「gooダイエット」はインデックス数が約26万ページと圧倒的。
2位の「ダイエットナビ」もインデックス数が約1万ページと非常にボリュームがあります。
3位はNaverまとめの「ダイエット」トピックページ。記事数は約6,000ページ。

他にもダイエットの情報を満載したサイトが上位にひしめいているのがわかります。
質だけでなく、実際に読んでみるときちんと書かれた内容が多く、
内容の真偽はともかくダイエットをしたい人にとって非常に有用なのではないでしょうか。

あくまで推測ではありますが、これらのサイトの大半は、
ライターさんに大量の記事発注をしたり、社内に専門のライティングチームがいて、
記事をどんどん追加する動きを取っているのだと思います。

もちろんコンテンツ数だけで検索順位が図れるものではありませんが、
この「ダイエット」検索結果は一つの例として、興味深いキーワードではないでしょうか?


私が思うに、今はこうしたビッグワードを中心にコンテンツの評価が高まっているように感じますが、
今後はテールワードでもコンテンツの評価の比重は高まっていくと考えています。

外部リンクや内部構造がしっかりしている事も重要ですが、
コンテンツの質、量の増加を行う事が、SEOを極めていくうえで必要だと思います。


関連してるっぽい記事:バズるコンテンツの傾向は「まとめ記事」



本記事が参考になった方は、シェアをお願いします!
※以下を投稿文へコピぺしてください。

↓↓↓

SEOに効くコンテンツマーケティング
http://seointernetz.blogspot.jp/2014/02/seo_17.html



スポンサードリンク