スマートTVCM構想|SEOと広告とインターネッツ      

2014年3月8日土曜日

スマートTVCM構想

視聴者によって変わるTVCM


テレビを見ている人をセグメント分けして、
地域や性別、年齢などで流れるCMが変わるシステムがあったら面白いなと。

リスティングまたはアドセンスをTVCMに輸入した感じですね。

セグメント分けするデータベースは数千万人単位の会員を持つサービスと提携して、
データベースを組む必要があります。
オプトがCCCから株を買い戻しましたが、
こういった会員サービスデータはプライベート問題なんかもあるものの、
使い方はまだまだありそうです。

あとはリタゲ(リマケ)のように、
特定の人を追いかけるTVCMなんかも開発されたらそれはそれで面白そう。
そんではてブとかで話題になったり、ちょっとした世間の話題になるんですよね。「リタゲCMがうざい件」とか言って。


ただし実現は難しい


ただ残念ながらこれらの広告に言えるのは、
実現は遠いだろうなという事です。

なぜならTVCMの最大の特徴は一方的に多くの世帯に流すことにあるわけです。
だからこれだけ影響力もあるし、ウェブ広告との棲み分けが今でもできているわけですね。
これはTVCMの持つ大きな魅力、価値だと思います。

その構造が崩れてしまうと、たぶんTVCMの価値が下がるでしょう。
だから多分誰もやりたがらない。


TVと連動するデジタルデバイス


その場でPCやスマホと接続・連動して、
今見てるCMの商品を買えるようにするぐらいは近い将来、実現しそうですね。
TV放映の内容に合わせてウェブサイトでリアルタイムのコマースをやってる番組とかなら既にありますが、
TV端末とPC、スマホの接続連動はまだじゃないでしょうか。あるのかな。

これが実現したら、キーワード入力する機会が大きく減少しますので、
ますますキーワード戦略に依存するSEOは厳しくなりそうであります。
でも未来はそうなるでしょうね。

以上です。

本記事が参考になった方は、シェアをお願いします!
※以下を投稿文へコピぺしてください。

↓↓↓

スマートTVCM構想
http://seointernetz.blogspot.com/2014/03/tvcm.html


スポンサードリンク